50音ショートショート

50音分のタイトルで短編を書き終えれたら、関係ないけどとりあえず仕事やめようと思う(-A-)

あ行

終わりの終わりに

凍てつくような真冬の朝、会社に行くまでの道のりで突然酷い衝撃を背中に受けた時、「あぁ怨念に遂に追い付かれたのか」と直感した。 まず最初に浮かんだのはストレスを理由に仕事を辞めた後輩の顔だった。「もう僕無理っぽいです。」 白い息を吐きながら冗…

えっちゃん

えっちゃんは昔からとても好奇心旺盛で勉強熱心な女の子だった。興味を惹かれることがあると徹底的に調べ、学び、そして自分なりの仮説を立て、試し、また学ぶ。そして一度覚えたことを忘れることがなかった。 幼少期からその特性を発芽させたえっちゃんは3…

うざい女

「私ってさ、サバサバしてるじゃん?だから女々しい男ばっか寄ってきてさ、正直恋どころじゃないんだよねぇ。」 今日も亜莉沙は汚い肌にありったけの白い粉を塗りたくり、目の周りを可愛くないパンダみたいにして、普通に不細工な顔でギャンギャン吠えている…

いまがそのとき

「どうしてまだ聴いてないの、チャーリー・パーカー!せっかく勧めてあげたのに!」 ストローをくわえてジンジャエールに息をぷくぷく吐き出しながら僕を睨む恭子を「行儀が悪い」と咎め、僕は自分が頼んだアイスコーヒーに口をつける。 それはカランという…

雨上がりを待つ間

「最悪死ねばいいんだ。」 今日何度目かわからないその台詞を自分に言い聞かせ、自転車の重いペダルをゆっくり踏みこむ。陽が沈むのと同時にぽつぽつ降りだした雨から逃げるよう、徐々にスピードを上げていく。薄暗くなった道を進めば進むほど私自身が足元の…